有機農産物認定業務

農業公社は「JAS法」による有機農産物の登録認定機関として国から指定を受け、秋田県内で有機農業に取り組む生産行程管理者または小分け業者からの申請にもとづいて、その生産・管理について認定を行っております。
JASマーク

「JAS制度」について詳しいことは、下記のホームページをご覧ください。

           農林水産省ホームページ「食品表示とJAS規格」    

           (一社)日本農林規格協会(JAS協会)のホームページ



(公社)秋田県農業公社有機農産物認定業務規定

   業務規定はこちらをクリックして下さい(PDF 約300KB)

   (注) H28年6月に第6版として、改訂しています。


◎ 手数料のご案内

 (1) 新規認定申請手数料

    対    象        

       認定手数料の額(検査旅費等を含む)             

     基本料金             追加料金   

      生産行程管理者     

     1申請 83,000円     

1戸増す毎
   18,000円  
      小 分 け 業 者

     1申請 61,000円

1施設増す毎
    9,000円

※ 認定申請手数料の徴収方法 : 認定申請後、農業公社からの納入通知書により徴収します。


 (2) 年次調査手数料

    対    象        

        調査手数料の額(検査旅費等を含む)             

     基本料金             追加料金   

      生産行程管理者     

     1申請 78,000円     

  1戸増す毎
    15,000円 
      小 分 け 業 者

     1申請 50,000円

  1施設増す毎
       7,000円

※ 調査手数料の徴収方法 : 調査申請後、農業公社からの納入通知書により徴収します。

 

講習会の実施について

 ・ 認定事業者(認定希望者)に対する講習会を、毎年1回、2月上旬に実施しております。
 
   ・ 実施案内については、関係者等に文書で連絡するとともに、ホームページでもおしらせ
  します。 

 

認定事業者について
・ 当公社の認定事業者は下記をご参照ください。
認定事業者一覧(平成28年3月31日時点)
 
直近の情報を記載します。
※1 新規認定について
 上記の名簿には記載がありませんが、
・平成28年秋に秋田県大潟村 ライズロッヂ大潟・黒瀬農舎が認定生産行程管理者になりました。
・平成28年秋に秋田県大潟村 森田農園が認定生産行程管理者になりました。 
 
※2 廃止について
・平成27年6月に農事組合法人中仙さくらファームが認定生産行程管理者の業務を廃止しました。
・平成27年7月に農事組合法人サンファーム西木が認定生産行程管理者の業務を廃止しました。
 
こちらもご参照ください。農林水産省認定事業者一覧
 
提出書類様式について
 認定有機農産物認定生産行程管理者(小分け業者)向け
 
・格付実績報告書の様式がダウンロードできます。→Word形式
                        PDF形式
 
 
・格付状況調査申請書がダウンロードできます。→Word形式
                        PDF形式
 
※新規認定に関する申請書の様式については公社 (018-893-6212) までご連絡ください。

 

農産物について

「あきたで農業を研修生ブログ

長期研修に入ったOさんの報告です!

画像

今回は、昨年「あきたで農業を!定着サポート事業(お試し+中期・継続研修)」を修了して、長期研修に入った、以下、「Oさん」の報告です。

こんにちは!今回のブログは研・・

詳しく見る>>

サイトマップ

農地中間管理機構
農産物について
新規就農について
畜産振興について
畜産経営について
AAPC農業公社について