イベント

今年度より始まった農業法人インターンシップの様子をご紹介します

①能代市「合同会社久保井ファーム」

 

【実施時期と内容】

令和元年5月

ねぎの定植、キャベツの追肥などを行いました

 

【一日のスケジュール(一例)】

 8時~12時 ねぎの苗搬入

        途中15分程度休憩

13時~15時半 きゃべつの追肥

        途中15分程度休憩

15時半~17時 きゃべつ散水

        スプリンクラーの設置

 

 【参加者】

20代男性、東京都出身

 

【インターンシップの様子】

※参加者および受入法人の許可をいただけましたので写真を掲載しています

 

 左が受入法人久保井氏、右が参加者

 

 施肥機の使い方を説明

 

 参加者がやってみます

 

【参加者の感想】

農作業は適度に休憩を取れるよう配慮していただきました。

経営者の久保井さんは出身地が近く、休憩時間や終業後、就農した時の話しや現在の経営など、ざっくばらんに教えていただけたことが大変参考になりました。

3日間と短い期間の滞在となり残念でした。

いつか収穫の時期に手伝いに訪問したいと考えています。

 

②八郎潟町「農事組合法人ファーム夢未来」

 

【実施時期と内容】

令和元年5月

えだまめの種まきなどを行いました

 

【一日のスケジュール(一例)】

 8時~12時  えだまめの種まきや草刈り

       途中15分程度休憩

 13時~17時 えだまめの種まきや草刈り

       途中15分程度休憩

 

【参加者】

20代男性、東京都出身

 

【インターンシップの様子】

※参加者および受入法人の許可をいただけましたので写真を掲載しています

法人の水田や畑を回ると田植えの最盛期でした

田植えの経験がないため、こちらもお手伝いしました

 

稲の苗箱はその場で洗います

 

 田植機にも乗せてもらいました

 

 

【参加者の感想】

大規模農業というだけで自分には合わないのでは、と決めつけていましたが、とても貴重な経験となり、来てよかったと思いました。

「経験が何より大切である」という法人で、若者が一から農業を学ぶには最高の場所と感じました。若者で集まるとこんなに農業が楽しく感じるんだと実感しました。

 

 

③秋田市「農事組合法人平沢ファーム」

【実施時期と内容】

令和元年6月17日から21日の5日間

「ブロッコリー」の出荷準備

「えだまめ」や「ねぎ」の種まきや除草、追肥など

 

 【一日のスケジュール】

7時50分より一日のミーティング

 8時~12時 ブロッコリーの出荷準備

       (切り口を揃える、余分な葉を落とす、など)

        10時から20分程度休憩 

13時~17時 ねぎ畑の除草

        15時から15分程度休憩

 

 

【参加者】

30代男性、東京都出身

 

【インターンシップの様子】

作業内容は、農作物の種まき、追肥、除草、収穫、出荷作業など

期間中に行われた農機具展の視察

 

【参加者の感想】

・インターンシップの満足度

予想以上の作業を経験させていただきました。

大変充実した5日間で満足しています。

 

・受入法人について

法人従業人の方の御人柄が皆様素晴らしく、大変有意義なインターンを経験させていただけました。

高いモチベーションと計画性があり、自身も手本としたい点が多く意欲を高める企業でした。

 

・インターンシップ全般の感想

法人の方の温かい空気で過酷な労働も感じ方が異なると感じました。

人とのつながりは、今後の情報交換や交流などへの発展を感じられ、とても農業が楽しい、早く就農がしたい、と思えるインターンシップでした。