令和元年度農地中間管理事業現地研修会について

2019年07月18日

令和元年度農地中間管理事業現地研修会について

令和元年7月18日(木)、県内の農業関係者及び関係各機関を対象に、農地中間管理事業の取組と優良事例についての基調講演、事例報告及び現地視察等を行う現地研修会を由利本荘市にて開催しました。基調講演、事例報告は由利本荘市の会館「紫水館」で行われ、全県から270名を超える方が出席されました。

また、研修会の中では、本県農地中間管理事業の集積・集約化に卓越せる功績のあった団体に対して表彰が行われました。

  
 
(1)基調講演  「米原市における農地中間管理事業の取組と優良事例について」   
            講師  滋賀県米原市経済環境部農政課 課長補佐 長谷 善広 氏
 
(2)事例報告  「ほ場整備から始まった地域の未来の語らい」
            報告者 由利本荘市土地改良区鳥海出張所 所長 黒木 重徳 氏
 
(3)事例報告  「そば栽培で地域の農地を守る建設業の事業参入について」
            報告者 森建設工業株式会社 企画部長 齋藤 均 氏
      
(4)事例報告  「あきた農地利用最適化推進1・2・3運動の取組について」
     報告者 仙北市農業委員会 事務局長 浅利 喜一郎 氏
 
(5)現地視察  (紫水館よりバス移動)      
            由利本荘市鳥海平根地区 ほ場