就農を応援する支援体制

就農定着支援チーム

新規就農者、特に農業以外から参入してくる方が自ら農業経営を開始するためには、様々な課題を解決する必要がありますが、本人の自助努力だけでは難しい場合が多く、関係機関・団体が総力を挙げて支援を行う必要があります。
このため、秋田県では、全ての地域振興局単位に、就農関係機関・団体の実務担当者を構成員とする「就農定着支援チーム」を設置し、就農希望者の円滑な就農と地域への定着をサポートしています。

どんなことを支援するの?

    就農希望者本人からの要請に基づき、次のような支援を行います。

  • 営農プラン作成に向けたアドバイス
  • 農地・住居・中古農機等の情報収集・提供
  • 公的補助・融資制度の紹介と有効活用に向けた支援
  • 生産技術・経営管理ノウハウなどの指導
  • 地域への溶け込みのサポート

チームのメンバーは?

就農定着支援チーム

  • 地域振興局農林部(農業振興普及課)
    市町村
  • 市町村農業委員会
  • 農業協同組合
  • 地域内の指導農業士
  • 県農業公社の新規参入サポート専門員 など

新規参入サポート専門員を配置しました。

(公社)秋田県農業公社では、平成23年度から秋田県の委託を受けて「新規参入サポート専門員」を1名配置しております。

近年、農業以外から参入して農業を始めたい方が増加傾向にあることから、自らの経営を開始したい方に対しては、就農定着支援チームの一員として助言等のサポートを行うとともに、農業法人等に就職して農作業に従事したい方のため、農業法人等の訪問活動等を通じて求人情報の掘り起こしや雇用就農しやすい環境づくりを行います。

ご要望があれば、いつでも伺います。気軽にお声をかけて下さい!

新規参入サポート専門員

ページのトップへ

サイトマップ

農地中間管理機構
農産物について
新規就農について
畜産振興について
畜産経営について
AAPC農業公社について