秋田はこんなところ

位置と気候

秋田県は、東京のほぼ真北約450kmの日本海側にあって、北緯40度線が横断しており、北京、マドリード、ニューヨークなどとほば同じ緯度上に位置しています。県土の総面積は11,612km2で、南北181km、東西111kmに及び、県全体の70.8%を森林が占めています。全国の都道府県では6番目の広さで、東京都の約5.3倍に相当します。
気候は日本海岸気候で、冬期間の積雪寒冷気象は農業振興を図るうえで制約条件となっています。しかし、夏期は梅雨が短く、比較的冷涼な気候であることから、野菜、花きの高品質生産を図るうえで好適な条件となっています。

秋田県はこんなところです画像:秋田県地図2

農業構造

秋田県の農業は、積雪寒冷地という立地条件に加え、全耕地面積のうち、田が86.7%を占めていることから、稲作に偏重した生産構造となっています。
農家数は、平成22年59,971戸と年々減少してきています。
しかし、専業農家の割合は15.3%と20年前(平成2年)と比較して7.5ポイント上昇し(1,596戸増)、5ha以上を経営する大規模農家の割合も9.8%と20年前より7.4ポイント上昇(2,347戸増)しており、専業化と農地の集積により、大規模化が進んでいます。
農業就業人口は、71,805人と減少傾向にあるほか、65歳以上の割合は60.4%と高齢化の進行は一層顕著になっています。

農業生産

  平成24年の農業産出額は、前年より145億円増加して1,877億円となり、全国における順位は、ここ数年20位前後となっています。
産出額が増加した主な要因は“米”で、前年に比較して142億円増加しており、10アール当たり収量が573kgと前年比4kg増収したことや販売価格の上昇によるものです。
  一方、野菜や畜産は横ばいですが、花きは増加傾向にあり、26億円となっています。
内訳をみると、米が64.1%、畜産が16.1%、野菜が12.7%、果実が3.3%などとなっています。
  なお、これまでの推移を長期的に見ると、昭和60年から約25年の間に農業産出額は大幅に減少(▲1,298億円) しましたが、米に依存する傾向は変わっておりません(昭60:67.9% →平24:64.1%)。
  このため、産出額の減少は、米の減少によるところが大きく、減少額1,298億円のうち、米が951億円(73.3%)と大部分を占めております。この他、畜産が170億円、果実が57億円、野菜が24億円それぞれ減少しております。
   一方、前述のとおり、花きは昭和60年に比べると18億円増えておりますが、米の減少分をカバーするまでには至っておりません。

  engurahu         sannshutu

 

 水稲  秋田県は、水稲の生産力が極めて高く、作付面積・収穫量とも全国の上位にあります。  特に、ブランド米「あきたこまち」の栽培が盛んなほか、酒どころ秋田として、酒米の生産振興にも力を注いでいます。

野菜

秋田の気候を生かした高品質なトマト、きゅうり、メロン、すいかなどの栽培が盛んです。また現在、アスパラガス、ほんれんそう、ねぎのメジャー3品目に加え、“えだまめ日本一”をめざして産地育成に力を入れています。

花き

冷涼な特性を生かした高品質花きの生産に取り組む若い担い手は年々増えてきており、産地の拡大が期待されます。

 

 果実りんご、なし、おうとうの生産量が全国上位にあり、最近はブルーベリーの栽培も盛んになってきており、それぞれ、気候を生かした高品質生産が行われています。 

 

畜産肉用牛や豚等の生産性の高い畜産が展開されています。また、日本3大美味鶏のーつである「秋田比内地鶏」の産地であり、高い市場評価を得ています。

地域別野菜主要品目生産マップ

ページのトップへ

サイトマップ

農地中間管理機構
農産物について
新規就農について
畜産振興について
畜産経営について
AAPC農業公社について